協力 他人

協力 他人

体調が悪く、気分が良くならない

 

 

私の場合、主人はとても理解があり協力的だったので主人との折り合いなどは良好でしたが、とにかく体調が悪く身体は痛い、頭も痛い、そして気分が乗らず情緒不安定になることが多くありました。

 

もともと頭痛持ちということもあったのですが、毎日のように頭が痛くそれに伴い嘔吐も繰り返しました。今まで頭痛を感じたら直ぐにバファリンなど薬を飲んでいましたが、妊娠中は気軽に薬が飲めないので頭痛を我慢するのが辛かったです。

 

産婦人科へ行き、頭痛のことを話しお薬をもらい飲んだりしましたが、それでもやっぱり薬は良くないんじゃないかと思ってしまい、本当に我慢出来ない時以外はなるべく服用しないようにしていました。

 

また、頭痛により吐気もするので常に胃が変な感じがするので表示も上手く作れず仕事も辛かったです。身体の調子が悪いと何事もやる気が起きず、家事は一切手付かずで主人には迷惑をかけてしまいました。その迷惑をかけてしまったと思いが苦しくて泣いてしまうことも多々ありました。

妊娠 ◯周目 体調 妊娠 気分転換

 

 

仕事もしていたので、職場の上司にはしっかり事情を説明し、理解してもらうようにしました。休めそうであれば仕事を休み、ゆっくり家で休むのが一番気が楽になりました。気分が乗れば、好きなテレビを見たり、好きなことをして気分転換してみたりしました。

 

また、誰かに相談したいという気持ちが強くなり、一番理解してくれ話しやすい母に連絡をすることで心がリラックスできました。心がリラックス出来ると体調も少し良くなったように感じました。

 

何事もネガティヴになりやすかったですが、体調が悪い=赤ちゃんが元気に育ってる証拠と前向きに思うように心がけました。

 

あとは主人が協力的だったので、なるべく頼って、家事などをお任せしたのも凄く助かりました。体調がー…と少しでも相談することで、食べ物や生活面でどうしたら良いかなどを直ぐに調べてくれました。

 

なので、私の場合は妊娠中の辛さは他人の協力があって解決ができた部分があったかなと思います。

こんな記事も読まれています


ホーム RSS購読 サイトマップ